シロアリ対策 〜ホウ酸による防蟻〜


シロアリの分布と外来種の侵入

現在、気候変動(温暖化)によりシロアリが活発に活動しています。
そもそもシロアリは暖かくてジメジメしたところで活発に活動します。
同じイエシロアリでも亜熱帯の沖縄ではこの地域の数倍のシロアリ被害を及ぼしています。
そして、現在問題になっているのがアメリカカンザイシロアリ。
NHKでも取り上げられるほどの問題となっています。

造り手側の都合で考えられた家づくりで多くの被害者を出さないため、そして、住む人が健康で、安心安全に、永く豊かな暮らしができるよう、私たちが選んだのは無垢材でした。

集成材と無垢材

アメリカカンザイシロアリの特徴


元々は、海外から輸入した家具などに住みついていたものが日本に侵入してきた外来種なのですが、このアメリカカンザイシロアリの特徴は、
・その名の通り、乾いた木材も食べる
・侵入経路が1階床下とは限らない=2階や屋根からも侵入してくる
というもの。
従来、日本で行われてきた一般的な防蟻処理は、1階の床下の基礎から1m上までの柱や土台に防蟻処理を行うことでした。
床下から侵入し、湿った空気を好むヤマトシロアリには効果がある防蟻方法でしたが、アメリカカンザイシロアリには全く意味のないものとなってしまいました。
また、アメリカカンザイシロアリは 家具や柱、天井など、木材があるところに次々と巣穴をつくり、食い荒らしていくので、万が一侵入された場合の処理方法としては、巣穴を見つけては薬剤を注入、また巣穴を見つけては薬剤を注入するという、いたちごっことなってしまうのが現状です。


アメリカカンザイシロアリに対応し、人体にも安全な防蟻処理

アメリカカンザイシロアリに対応するため、イエコロジーでは、従来の基礎から1m上までの防蟻処理(右図の緑色部分)に加え、構造材の外周部すべてにホウ酸による防蟻処理を全棟で施工しています(赤色部分)。
また、弊社が使用するホウ酸は、主原料に無機物である「ホウ酸塩鉱物」を使用し、揮発蒸発する事無く、人体に全く無害で、効果も半永久的に持続します。
その安全性は食塩の6倍とも言われています。

集成材と無垢材

 

ページのトップへ戻る