全棟断熱測定の実施


高性能サーモカメラで断熱性能を「見える化」

どれだけ高性能な断熱材でも、施工の段階で隙間ができていては、せっかくの断熱効果が発揮できません。
イエコロジーでは、隠れてしまう建物の断熱施工の状態をサーモカメラにて撮影して確認します。

【撮影箇所】
外壁面、サッシ等開口部廻り、屋根面(小屋裏、吹抜け、下屋等がある場合)、天井面

【撮影のタイミング】
外張り断熱材(ネオポール)と内断熱材(セルロースファイバー吹き込み)を施工した後の
完成前と、完成後に撮影します。

 

ページのトップへ戻る